<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

卵せっけん

a0000202_23203749.jpg
気に入ったら必ず二度三度と作るのが私の常なのだが、

とても気に入ったのに一度きりしか作っていないせっけんがある。

それが卵せっけん。

髪にも肌にも良い使い心地だったが、作る過程がちょっと面倒だったのと、

「卵・・・悪くならないかな?」という不安がどこかにあって、再び作る気持ちに

ならなかった。

そして今回、”一年目のせっけん”の箱の中に、卵せっけんだけが

大量に入っているのを発見!

いつものごとく、大切にしすぎて放置してしまったパターンだ・・・

嬉しくなって一つ使ってみると、すべすべ感は以前と変わらないが、泡立ちは

格段に良くなり、作ってから一年半経過しても卵は変質してなかったよぉ!(笑)

お気に入りのせっけんは一つと言わず、いくつかまとめて取っておくと、

こんな風に思いがけない喜びが味わえますね~♪
[PR]
by junko-k | 2004-09-24 23:24 | ◇ せっけん ◇

虫干し

a0000202_20434064.jpg

実はファーストバッチの他にも、一年目に作ったせっけんにはどれも

思い入れがあり、1カットずつ使わずに残してある(写真はその一部)。

簡単に薄紙に包んでダンボールの箱に入れているだけだが、

酸化しているものはひとつもない。

なんて優秀なのだ!

汗をかいていたので、包みを開いて新鮮な空気に当てていたら

なんだかいとおしくなって、専用の桐の箱を用意したくなった(笑)。
[PR]
by junko-k | 2004-09-22 20:44 | ◇ せっけん ◇

マイ・ファーストバッチ

a0000202_20164830.jpg
せっけんを作り始めてちょうど2年が経った。

前にも書いたけれど、私が初めて使った手作りせっけんは

友達からもらった牛乳マルセイユだった。

もともと肌が強い方ではないが、かといって特に問題があった訳でもない。

しかしそのせっけんは私の肌を劇的に変えてしまった。

そんな訳で初めて自分で作ったせっけんも牛乳マルセイユ。

以来、すっかり私の定番せっけんとなり、初めて誰かにプレゼントする時も

必ず使ってもらっている。

写真は私の記念すべきファーストバッチの1カット。

さすがに今年の夏の暑さのせいで汗をかいた跡はあったものの、

酸化もせず、香りもちゃんと残っている。

レシピを見ると、初めての割には欲張ってはちみつまで入れている。

(そういえば最初の頃ははちみつ入りがお気に入りだった。)

いつかこれを使う日が来るのかな。

たぶんずーーーっと取って置く気がするなぁ。
[PR]
by junko-k | 2004-09-21 20:21 | ◇ せっけん ◇

完成。

a0000202_1011841.jpg
今回は比較的早くきれいに溶けた。

オレンジ色に合わせて、ベルガプテンフリーのベルガモットE.O.で香り付け。

今回馬油は全体の15%しか入れなかったが、もっと入れても使用感が

重くなることはなさそう。

まだ冷凍庫の中に1kg近く残っているので、次は馬油で固形せっけんを作るぞ~。
[PR]
by junko-k | 2004-09-19 10:00 | ◇ せっけん ◇

よい感じです。

ボウルに残ったタネを溶かした馬油リキッドで洗髪してみたら、

髪の毛のツヤや手触りが明らかに違った。

「つるっとしてさらっ」という感じ。(語彙が乏しくてすみません)

これは馬油のおかげか、それともたっぷり投入したひまし油効果か?

今のところ、私の中でのNo.1シャンプーはシカカイメインのハーブシャンプー

なのだが、難点は頭からちょっとインドの香りが漂ってしまうところなんですね~。

なので馬油リキッドの成功はかなり嬉しい。

このリキッドにシカカイを入れたらどうなの?なんて思ってみたり。

現在大量に溶かし中なので、溶けたら写真upします。
[PR]
by junko-k | 2004-09-14 23:27 | ◇ せっけん ◇

馬油リキッド

今回は製作過程をアップ。

1)オイルは馬油の重みを懸念し、太白ごま油、スイートアーモンド油など

  軽めのものと合わせてみる。

  少しだけ残っていたレッドパーム油を色づけとして加える。
a0000202_21335625.jpg


2)苛性カリ水を加えて5分もしないうちにトレース。

 これはミリスチン酸のおかげ。
 
 ここから湯煎開始。
a0000202_21381723.jpg


3)火をつけたり止めたりしながら約40分ほどで滑らかなカスタードクリーム状に。
 
 すごくおいしそう。
a0000202_2140914.jpg


4)湯煎開始から1時間半でちょっと水分多めのマッシュポテト状になった。

 すっかり疲れたのでここで火からおろし、半分をシャトルシェフに入れて保温、

  残りはCP法で放置する。
a0000202_21453381.jpg

  ボウルに残ったタネを水に溶かしてみたら、きれいな透明リキッドになった。

 使うの楽しみ☆

 #上記はあくまでも私の適当な作り方です。
[PR]
by junko-k | 2004-09-12 22:11 | ◇ せっけん ◇

ようやく着手。

冷凍庫の中で大切に保管していた馬油を使ってリキッドソープを作る。

リキッドの素を作るのは8ヶ月ぶり。

いつもはネット上で公開して下さっているアルカリ計算機を使って

苛性ソーダ(今回は苛性カリ)や水分の計算をしているが、今回は

使用するオイルをすべて網羅する計算機がなかったため、自分の頭で

計算することに・・・(T_T)

手持ちの苛性カリは純度が85%なので、なんだか頭がこんがらがったが、

たぶん合っているはず・・・いや合っていてくれ~!!!

ここまできて精製水が切れていることに気づいたので製作は明日。
[PR]
by junko-k | 2004-09-11 21:04 | ◇ せっけん ◇

むくみよ、さらば!

夏の疲れがすべて下半身に溜まったかのように、

連日下半身の異様なだるさに悩まされている。

昨夜はひさびさに、ジュニパーを使ってマッサージをしてみたがどうもいまいち。

今日はゆっくり半身浴の後、サイプレスとジュニパーで足浴を試みたところ、

お風呂の前と後では確実に足の軽さが違う~~!!!

E.O.はいろいろ持っているものの、どうも宝の持ち腐れになりがち。

この秋はちょっと活用してみようかな。
[PR]
by junko-k | 2004-09-08 23:02 | ◇ ひと休み ◇

お菓子容器のよいところ。

a0000202_21332377.jpg
冷凍庫で1時間程冷やし、型出しした丸型せっけん。

部分的にジェル化したようで多少色はまばらだが、形はとても使いやすそう。

容器のふたを開けると、香りが強く残っていることに気づく。

今回はラベンダーとレモンのE.O.を使ったが、柑橘系は香りが飛びやすいため、

先日カットしたものはすでに香りが弱くなっている。

このままふたを閉めて熟成させれば、乾燥には時間がかかるけど、

香りをかなり残すことができるだろう。

ということで、1つは型から出さずにこのまま置いておくことにする。
[PR]
by junko-k | 2004-09-07 21:34 | ◇ せっけん ◇

やっとカット。

a0000202_13465613.jpg
手前の白い方がプレーンなアロエせっけん。

奥はヨーグルト入りアロエせっけん。

プレーンは発泡スチロールに入れてもジェル化せず、

ヨーグルト入りはそのまま放置したにもかかわらずジェル化。

乳製品の力はすごい。

お菓子の容器で作ったものは、もう少し置いてから冷凍庫に入れて

型出しする予定。
[PR]
by junko-k | 2004-09-04 13:49 | ◇ せっけん ◇